blog:ポケットアルバム
気になったことをなんでも。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

ハイドアンドシーク~暗闇のかくれんぼ~
4月末に、時間が空いたので見てみました。ロバート・デ・ニーロの最新作であり、話題の子役ダコタ・ファニングも出ているホラー映画です。
自分はホラーは怖くてダメなのですが(情けない)、嫁さんが「見てみる?」というので気が変わり鑑賞。…自分としてはあまり怖くありませんでした。なんというか、暗闇の怖さをうまく表現しきれてないような気がしましたよ。隣人のからみ方も足りないような気がしますし。
これは全くの妄想ですが、次回作はエミリーのもう一つの人格が、キャサリンの2つめの人格を引き出しちゃうとか、そんなのになりそうな気が。で、キャサリン死す→次の人に引き取られ同じことの繰り返しとか。宿敵はデビッドに殺されかけたあの警官だったり?!

関連リンク
公式サイト
【2005/05/02 21:48】 映画 | TRACKBACK(6) | COMMENT(0) |

コンスタンティン
日曜に、コンスタンティンを見ました。
キアヌ・リーブスが出ることでも話題になっていた今作。
ナショナルトレジャーとどっちを見るか悩んだ末、こっちにしました。
どうもナショナルトレジャーのほうは、展開が読めるような気がしたんで…。典型的なトレジャーハントって奴なんでしょうから。

で、コンスタンティンの方なんですが、結構面白かったです。
キアヌはあまり演技してませんでしたけど…。
主人公、コンスタンティン(キアヌ)は20年前に自殺未遂を犯し、2分間だけ死んだことで地獄行きが決定してしまいます。悪魔払いをしているのは、それと引き替えに死後の地獄行きを取り消してもらうため…ということです。現在は極度のヘビースモーカーであることが引き金となり、肺ガンで余命一年を宣告されているという状況。何もしなかったら一年後は地獄に堕ちてしまうわけですから、そりゃもう必死ですわ。

自分のためだけに悪魔を地獄に送り返す…冒頭の強引な悪魔払いのやりかたに、コンスタンティンの性格と焦りが出ているような気がしますね。で、神や悪魔(正確にはハーフブリード)との闘いが始まるわけですが、「所詮は人間」というのでしょうか?神や悪魔>>>>>(越えられない壁)>>>人間って感じがうまく出てて良かったですね。
最後の最後、コンスタンティンはどうやって絶望的な状況から勝利するのか?それとも…??
詳細は映画館で見てみてください。

コンスタンティン:公式サイト

【2005/04/20 22:59】 映画 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。