blog:ポケットアルバム
気になったことをなんでも。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

GIGABYTEのファンコントロール機能「Smarfan」(SmartGurdian)
ここにSpeedfanで検索してたどり着く人も多いようなので、ファンコントロール関係を書いてみます。
自分がSpeedfanを導入したきっかけは、使っているマザーGIGABYTE GA-8IG1000 ProGではスムーズなファンコントロールが出来なかったからです。
もともとこのマザーにはSmartFanというファンコントロール機能がついているのですが、BIOSから設定してもあまり効果がないんですね。(というか、ほとんどファン速度が変わってない??)
このマザーはIT8712Fという名前のSuperIOチップを使っており、このチップがファンコントロール機能を担っているわけです。これはITEという会社が製造しているチップです。ITE社のIT8712Fのページを見ると、ファンコントロール機能はSmartGurdianという名称みたいです。
次にSmartGurdianで検索。すると専用のハードウェアモニタがあるらしいです。これがそのダウンロードページ。
ITE:Software Download
ここのIT8712FのSmartGurdianをダウンロードし、インストールします。
するとシステムファンの自動設定などがWindowsから出来るようになります。ファン速度の設定はinstall.iniを書き換えて行うようです。

↓以下、READMEからファンの部分だけ抜粋。
----------------------------------------------------------------------

FAN0,FAN1,FAN2 define current setting
Example :
[ Set Fan0-2 Use Automatic mode or Softwave Programming Mode ]
FAN0=1,25,35,45,60,75,90,100,110,90
| | | | | |
| +-----+------+ +---+---+ |
| | | +-- Fan Speed On Software mode
| | +--------- Fan Speed On Automatic mode
| +---------------------- Temperature range for 1 ~ 5
+------------------------------ 1 = ON , 0 = OFF
When first execute SmartGuardian, it will copy FAN? to RESET? for "Reset to Default" function.

----------------------------------------------------------------------
2~6つめの数字が、CPU温度がいくつになったらファン速度を変更するか。
7~9つめの数字が3つの温度範囲に対応するファン速度。
最後がSoftwareモードでのファン速度(最大値?)のようです。

まあ、Speedfanのほうが高性能だし、そっちでよいならわざわざSmartGurdianを使わなくても良いのですがw
スポンサーサイト
【2006/10/07 11:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pocketalbum.blog6.fc2.com/tb.php/102-3697e425


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。