blog:ポケットアルバム
気になったことをなんでも。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

すごい発明
これ、なんだと思います?
なんじゃこれ

[続きを読む]
スポンサーサイト
【2006/10/26 21:37】 特許 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

変わった特許(4)「水虫治療」
明細書より。
「【目的】 取り敢えず、国内から水虫患者を無くする。」

……とりあえずって何よ。

特開平07-025753「改良酸欠による水虫薬」

酸欠によって水虫菌を殺すつもりらしいですが、絆創膏と何も変わらないようにしか見えないのですが…??
【2005/04/19 21:18】 特許 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

変わった特許(3)「究極の傘??」
傘は雨のときはいいですけど、それ以外の時の持ち運びはうっとうしいですよね。
今回の特許は、それを解決してくれるものなのです。
↓はい、こちら。

特開平08-308621「革命空気傘」

明細書によると、
「こうして降雨中に使用した傘の有り難さも雨上がりとともに忘れ去り、ややもすればその後の携行に無用の長物と持て余し気味の雨傘も、本発明の空気傘に依れば超軽小の収納形態となるため、鞄、バッグなどの片隅に収納しても、ポケットに入れるか、片手で携行しても、その負担感はほとんど皆無に近い。」

すげーなおい。結局どのように実現するの?

「本発明の「革命空気傘」は、現在までの雨傘(アンブレラ)の長い歴史にわたり、その主要構成部分である「骨組材」を一切使用せず、二重構成の傘生地内に空気(エア)の吹き込み膨脹操作に依って瞬時に雨傘形態の展開を完了する。」

おい!柄からなにから全てが風船かよ!
でもどうやって空気をいれるわけ?

「いま、この空気傘を使用するときは、先ず、メーン中空軸(1)のトップ排気孔のトップ排気栓(F)を気密確実に締めてから、下端部のサード中空継軸柄(3)のハンドル栓(6)をはずし、エア吹き込み孔(5)を口にくわえて深く長く息を吹き込む。

自分で吹き込むのかよ!w

ここから先はご自分でお読みください。
たぶん試作したとしても、強度不足で雨に耐えられないような気が…。


【2005/04/16 00:28】 特許 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

変わった特許(2)「ロトくじ攻略カード」
今回紹介するのは、ミニロトやナンバーズを攻略しちゃうというグッズの特許です。
…もうイヤな予感がしてきてませんか?(笑)
↓はい、こちら。
特開2004-313287「ロトくじ攻略用カード」

この番号を特許DBで検索してください。「文献種別」に「A」、「文献番号」に「2004-313287」です。
読み進めていくと、こんな文章が。
「(前略)~購入者は好み若しくは縁起に基づく数字を選択したり、市販されている予測用コンピュータによって数字を選択している。
好みの数字を選択する場合には当選の確率が著しく低いし、また当選予測プログラムを搭載したコンピュータでは著しく高額であるし、操作を取得するのに特別の技量が必要である。このため、きわめて簡単に低廉で、またゲーム感覚で当選を予測できる手段が要望されている。
したがって、本発明は従来の要望に鑑み提案されたもので、その目的とするところは、カードを利用することによりきわめて簡単に、室内、屋外を問わずどのような場所においてもカードゲームの感覚でロトくじの当選数字を予測して、最終的に当選するという攻略を達成するようにしたことにある。」

おおっ!一体どうやって、きわめて簡単に予測し、最終的に攻略するというのですかっっっ!

「ロトくじの「ロト6」は、1~43までの数字の中から、異なる6つの数字を的中させるのであるから、1~43までの子カードを裏にして混合したり手で切って、上から順に、若しくはランダムに6枚の子カードを捲り、捲られた子カードの数字を当選予測数字として「ロト6」の申込カードにマークすればよい。」

…って、おい!ただ番号が書いてあるカードを混ぜて6枚引くだけかよ!w
それとも何か素晴らしい新規性があるのに、私が読み取れないだけなのでしょうか?

【2005/04/11 23:01】 特許 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

変わった特許
みなさんは「HIDETO」という特許を聞いたことがあるでしょうか?
一部ではしばらく前から有名なようですが、これがまたすごいんです。
もうとにかく、電波受信しちゃってるというかなんというか…。
といっても、審査は通らないでしょうからいいんですが。

特開平08-251999「HIDETO」

ちなみに日本の特許システムは、出願→公開→審査→登録という流れになっています。
出願して1年6ヶ月経過すると特許公開公報という形で閲覧できるようになりますので、まだ審査前で権利が主張できないものも特許電子図書館のページで検索してみることができるわけです。

また強烈なものを見つけたら、紹介します。

【2005/04/09 21:51】 特許 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。